全学読書運動 Soka Book Wave
TOP > 全学読書運動 Soka Book Wave > SBWの取り組み > 開催レポート

開催レポート

読書講演会

7月8日(金)に学士課程教育機構の佐藤広子准教授を講師にお招きし、読書講演会「手は第二の脳である~書くことの意味~」を行いました。

講演会ではテーマに沿って本を紹介する「ブックトーク」をしてくださいました。
今回のテーマは、書くことの意味。

参加者からは「とても良い講演会だった」「読書によって人生を変えるということは、とても素晴らしいことだと思う」「これからも、どんどんいい本を読み、書いていきたい」等の声が寄せられました。


▼ ブックトークリスト ▼
今回紹介された本の一覧

 

『ライティング・ワークショップ』
ラルフ・フレッチャー&ジョアン・ポータルピ著  小坂敦子・吉田新一郎 訳   新評論(2007)

『星の王子さま』 
サン・テグジュペリ 著  内藤 濯  訳   岩波書店(2000)
 
『フリーダム・ライターズ』
エリン・グルーウェルとフリーダムライターズ 著  田中 奈津子 訳    講談社(2007)

『ズラータの日記』 
ズラータ・フィリポヴィッチ 著  相原真理子 訳   二見書房(1994)

『アンネの日記』
アンネ・フランク 著  深町真理子 訳   文春文庫(1986)

『あなたも作家になろう—書くことは、心の声に耳を澄ませることだから』
ジュリア・キャメロン 著   矢鋪 紀子 訳   風雲舎(2003)

『13日間で「名文」を書けるようになる方法』 
高橋源一郎 著     朝日文庫(2012)

『いわずにおれない』 
まど・みちお 著   集英社be文庫(2005)