全学読書運動 Soka Book Wave
TOP > 全学読書運動 Soka Book Wave > SBWを知る > SBWの意義・効果

SBWの意義・効果

創価大学全学読書運動「Soka Book Wave」は、本学ならではのユニークな運動です。 
このページでは、この運動について、「学生にとっての意義」、「授業理解効果」、「社会における意義」という3つの視点から述べることで、教職員並びに学生の皆さんのご理解がより一層深まり、さらなるご参加・ご協力をいただければと思います。

学生にとっての意義

本を読み感想・レビューを書くということは、人間性を高め、言語力が増し、知識が深まります。Soka Book Waveは、その意味で絶好の契機となることに違いありません。

(1)人間性が高まる
様々な名著に触れることで、人生観が深まり、感受性豊かで思慮深い人格が養われます。また、たとえ名著でなくとも、自分にとって読みやすい書物を読むことで、徐々に本を読む習慣が身につき、次第に読書をする本のジャンルやレベルも変わっていきます。

(2)言語力が高まる
名文等を読み、感想を書くことで、語彙力が増加し、文章力がアップします。なお、そのためには、多読が効果的です。

(3)知識が深まる
本には授業では補えない知識が沢山あります。そのために、良質の書物に挑戦することが必要です。

(4)より良いライフスタイルに!
人生の中でもっとも自分のために時間を費やすことができるのが学生時代です。この時期に読書習慣を身につけることは、学生時代はもとよりその後のライフスタイルの向上につながります。

授業理解効果

授業科目を理解するためには、その前提として教科書等で表現されている抽象的概念を知っていることが必要です。良質の教養書を読み、感想を書くことは、授業内容を理解するのに必要な基礎力(読解力や文章力)を養う効果があります。その基礎力があって、初めて課題発見能力や判断力が身に付いていくものと思われます。この点において、まさにSoka Book Waveは、本学の学習レベルを全体的に押し上げるための重要な要素の一つと考えます。

社会における意義

文字活字文化振興法が2005年に制定され、2009年には「言語力認定」がスタートしました。そのような時代を見据えてきた本学の全学読書運動「Soka Book Wave」は、社会から注目をされるようになりました。一人の学生が読書をする姿は、家族や友人、地域の人々へと共感の輪が広まり、生涯教育によい影響を与えていくに違いありません。大学から社会に巣立っていったとき、その効果は更に高まっていきます。