全学読書運動 Soka Book Wave
TOP > 全学読書運動 Soka Book Wave > SBWを知る > Q&A

Q&A

Q1.開催期間は、一年中に開催できないでしょうか?
A.皆さんに進呈する図書カードは、年度予算を大学に計上している関係で2月には決算を始めなくてはなりません。その関係で1月末で終了させていただいております。また、4年生(短大は2年生)は卒業も控えている点も考慮しています。
 
Q2. エントリーしましたが、修正したい点があります。どうすれば良いですか?
A.「My Book Wave」のページの「エントリー」 > 「一覧」で、修正したいイベント名の[編集]ボタンをクリックします。目標冊数、今年度の決意を修正することができます。なお、エントリー後のペンネームの変更はできません。
 
Q3. 昨年度に一度エントリーしているので、今回はエントリーしなくても良いですか?
A. 昨年度エントリーをされている場合でも、新たにエントリーをしていただいております。気持ちも新たにして参加いただく趣旨でもありますのでどうぞご了承ください。
 
Q4.感想文を提出しましたが、書き方が悪いという理由で承認されませんでした。書き方のガイドや基準を公開してほしいのですが・・・
A.以下の点に注意して感想文を修正し、再提出を行なってください。
①文章が、口語体や方言で書かれている場合
②誤字脱字がある場合
③句読点や接続詞が不適切な場合
④文章が論理的でない場合
⑤引用やあらすじがほとんどで、感想の部分が極端に少ない場合
⑥差別的な表現や個人攻撃の感想文の場合
 
Q5.自分が出した感想文を学内の掲示板やホームページに掲載されたくないのですが ・・・
A.誰が書いたか特定できないようにペンネーム(エントリー時に入力)記載にしました。また、掲載するのは全ての感想文ではなく、内容等を判断させていただいております。
 
Q6.友達や先輩の感想を読みたいのですが ・・・
A.SBWのウェブサイトトップに「感想文一覧」リンクを掲載していますのでご覧ください。
 
Q7.感想文は自分の読書歴、学習の歴史や思い出になるので保存したいのですが・・・
A.「My Book Wave」の「My Record」で出力できます。
※「My Record」による出力機能は順次搭載する予定です。
 
Q8. 図書カードは、日時を決めず開館中であればいつでも、カウンターでもらえれば良いと思いますが ・・・
A.図書カードは金券と同等でもあるため慎重を期す意味で配布リストを作成してお渡ししています。また、紛失等をしないよう充分注意をしている関係で、日時及び場所(中央図書館)を限定させていただいております。どうかご理解をお願いいたします。
 
Q9.昨年度、図書カード申請をしたままで、カウンターに受け取りに行けなかったが、新しい年度になって受け取ることはできますか?
A.残念ながら受け取ることはできません。図書カードを申請して受け取ることができるのは年度内にさせていただいております。その理由は会計処理の原則及びシステム対応を踏まえて、そのようにさせていただいております。図書カードを受取希望日に来られない場合は、次回の希望日に自動的に変更されるため何度も受け取れるチャンスはありますので、必ず年度内に図書カードを受け取りにきていただきたいと思います。
※ただし、図書カード申請をしなければ、SBWポイントは、そのまま次年度に引き継がれますのでご安心ください。
 
Q10.読書運動を全学で展開するのはとても良いことだと思うが、図書カードを進呈するというのは射幸心をあおるため好ましくないのでは?
A.図書館としてはスカラシップとしての位置付けで図書カードを贈呈しています。あくまで読書が目的で図書カードはその結果である、と学生の皆さんには捉えていただきたいと思います。昨年のSBWの際にも、「意気込み」欄に"図書カードをもらうのが目的"と記入された方がいましたが、実際に5冊を読了した方は比較的小数でした。従ってSBWに参加する当初の動機は様々であっても良いと思いますが、実際に読書にいそしむようになると図書カードをもらうことのメリットよりも読書をした、との喜びのメリットの方がより価値が高いと感じると思います。
 
Q11.通教生もSoka Book Waveに参加できるようにすれば、効果はもっと上がると思いますが・・・
A.通教の皆様がSoka Book Waveにご参加いただくには、現在のSBWを運用しているシステムを大きく再構築する必要があります。併せて予算措置、人員措置をとらなくてはなりません。したがって、現時点ではお応えすることが叶わない状況です。ご理解を賜りたく、お願い申し上げます。
 
Q12.Soka Reading Project とは、どのようなメンバーで成り立っていますか? また、その活動は?
A.Soka Reading Projectは、学生有志と図書館職員で構成しています。広報活動、企画展示、創大祭での読書展、特別講演会、ビブリオバトルの開催など、精力的に活動を展開しています。なおSRPメンバーは随時募集しております。ご希望の方は、sbw@soka.ac.jpまでご連絡をお願いします。