資料を探す
TOP > 資料を探す > 電子資料 > 国立国会図書館デジタル化資料送信サービス

国立国会図書館デジタル化資料送信サービス

国立国会図書館がデジタル化した資料約150万冊を、本学の中央図書館1階の専用パソコンで閲覧し、複写(有料)することができます。

利用できる方

学内の利用者(学生、教職員)

サービス時間

中央図書館の開館から閉館1時間前まで

利用できる資料

国立国会図書館デジタルコレクションに収録されている資料のうち、インターネット公開されておらず、絶版等の理由で入手困難な資料が利用できます。
※ 著作権法に則り、複写できるのは著作物の一部分です。

・図書   昭和43年以前受入/戦前期以前刊行のもの、戦後期刊行で入手困難なもの
・雑誌   明治期~平成12年刊行/商業出版されていないもの
・博士論文 平成3~12年度受入/商業出版されていないもの

デジタル化資料の閲覧

中央図書館サービスカウンターで、学生証もしくは教職員証を提示し、口頭でお申し込みください。スタッフが中央図書館1階(退館ゲート横)の専用パソコンを操作してサービスサイトにログインします。
ログインした専用パソコンで、ご自身で資料を閲覧してください。
※ 閲覧は1時間以内とさせていただきます。
 

デジタル化資料の複写

複写を希望される場合は、サービスカウンターにある「国立国会図書館デジタル化資料複写申込書」にご記入の上、ご提出ください。

 ・複写用紙の大きさは、原則A4です。他のサイズを希望する場合は、申し出てください。
 ・金額は、モノクロ1枚10円、カラー1枚50円です。
 ・著作権法によりご希望に沿えない場合があります。

受付日から数えて開館日の5日後以降に、中央図書館サービスカウンターにて複写物をお渡しします。お引渡しの際に複写代を徴収します。
専任教員で個人研究費、科研費等での引き落としをご希望の場合は、複写の申請時に必ずお申し出ください。