今日の一書

今日の一書 : 2012年12月20日(木)

『 一年は、なぜ年々速くなるのか 』

著者 : 竹内 薫

同じ一年間でも、年を重ねるにしたがって、だんだん短く感じるようになる。なぜだろうか?
物理学者でもある科学作家の竹内薫氏によると「年のせい」の部分もあるが、それだけではないという。「記憶に残るような出来事が減り、毎日が記憶に残らない、単調な繰り返しになる」と、一年が短く感じられる
 反対に「常に変化を求め、新たなことに挑戦し、人生に変化と彩りを添えている」人は、年配になっても、一年が速くならないという。 聖教新聞「名字の言」より

この本を借りる

2012年の一覧を表示