今日の一書
TOP > 2017年 今日の一書 > 魚と日本人

今日の一書 : 2017年1月12日(木)

『 魚と日本人 』

著者 : 濱田武士

内容説明
漁師、卸、仲買人、鮮魚店、板前など多くの「職人」によって支えられている日本独自の魚食文化。しかし、魚の消費量が減り、流通のあり方も変わってきている。日本各地の漁港や市場を歩いて調査を重ねてきた著者が、現場の新たな模索とともに魚食と魚職の関係を再考し、「食べる人」の未来に向けてのかかわり方も提言する。
この本を借りる