今日の一書
TOP > 2017年 今日の一書 > アウシュヴィッツの図書係

今日の一書 : 2017年1月27日(金)

『 アウシュヴィッツの図書係 』

著者 : アントニオ・G. イトゥルベ

本日1月27日は、ユダヤ人強制収容所のアウシュビッツが解放された日として国連が制定した『ホロコースト犠牲者を想起する国際デー』

1944年、アウシュヴィッツ強制収容所内には、国際監視団の視察をごまかすためにつくられた学校が存在した。そこには8冊だけの秘密の“図書館"がある。図書係に任命されたのは、14歳のチェコ人の少女ディタ。その仕事は、本の所持を禁じられているなか、ナチスに見つからないよう日々隠し持つという危険なものだが、ディタは嬉しかった。彼女にとって、本は「バケーションに出かけるもの」だから。ナチスの脅威、飢え、絶望にさらされながらも、ディタは屈しない。

本を愛する少女の生きる強さ、彼女をめぐるユダヤ人の人々の生き様を、モデルとなった実在の人物へのインタビューと取材から描いた、事実に基づく物語。
この本を借りる