今日の一書
TOP > 2017年 今日の一書 > 銀色の絆

今日の一書 : 2017年4月27日(木)

『 銀色の絆 』

著者 : 雫井脩介

栄光を勝ち取るか、無残に打ちのめされるか、これはもう遊びではないのだ——。夫の浮気で離婚、娘の小織とともに名古屋へと転居し、無気力な日々を送っていた藤里梨津子だったが、フィギュアスケートの名コーチに小織の才能を見出され、娘を支えることに生きがいを感じ始める。スケートクラブ内の異様な慣習、元夫の会社が倒産したため途絶えた養育費、練習方針を巡るコーチとの軋轢—人生のすべてを懸ける梨津子の思いに、小織はとまどいながらも成績を上げていき、やがて…。フィギュアスケートの世界を舞台に母と娘の絆を描く、著者渾身の長編小説。
この本を借りる