今日の一書
TOP > 2017年 今日の一書 > 新書太閤記

今日の一書 : 2017年6月23日(金)

『 新書太閤記 』

著者 : 吉川英治

信長を主に選んだ藤吉郎のすばらしい嗅覚。これは彼の天賦の才で、寧子(ねね)への求婚でも言えることである。
恋がたき前田犬千代との、虚々実々の妻(め)あらそい。だが、本巻の眼目は、田楽狭間の急襲にある。
永禄3年、今川義元は数万の兵を率い、西征の途に立った。鎧袖一触と見くびられた織田勢であったが、信長は敢然とその前に立ちはだかったのである。この1戦の帰結が、戦国の流れを変えていく。
「BOOK」データベースより
この本を借りる