今日の一書
TOP > 2017年 今日の一書 > 美術品でたどるマリー・アントワネットの生...

今日の一書 : 2017年7月14日(金)

『 美術品でたどるマリー・アントワネットの生涯 』

著者 : 中野京子

1789年7月14日。
フランスでは、かの有名なフランス革命が始まります。
その為、フランスでは、7月14日は、国民の祝日とされています。

そのフランス革命で、現代でも語り告がれているのが、革命の最中にも関わらず、ヴェルサイユ宮殿で優雅に生活をしていた、マリー・アントワネットです。

「パンがなければ、お菓子を食べればいいじゃない」と、国民に言い放ったことで有名なマリー・アントワネット。
一体、彼女の生活は、どういったものだったのか…

美術品の写真や、マリー・アントワネットの略年譜、本書に登場した人物の紹介が簡単に記されているので、それらを通して、彼女の生涯を紐解いていくのも面白いでしょう。
この本を借りる