今日の一書
TOP > 2017年 今日の一書 > キッチン

今日の一書 : 2017年8月10日(木)

『 キッチン 』

著者 : 吉本ばなな

“私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う。”(本文抜粋)という、とても印象的な書き出しから始まる此の作品。
作品名と書き出しだけでは想像出来ないような、生と死について、また、淋しさと優しさが描かれている、国境を越えても読み継がれている作品です。

一つの物語として読むのも良いですが、表題作『キッチン』、続編に当たる『満月——キッチン2』、そして同時収録の『ムーンライト・シャドウ』には、とある共通点があります。
上記にもあるような、生と死、淋しさと優しさも共通点になりますが、作中には多くの情景描写があり、それらの殆んどが、主人公を始めとする登場人物の心情描写に比例しているのではないか、と考えることも出来ます。
捉えようは十人十色ですが、此の『キッチン』のみならず、様々な作品を、そのような些細な描写にも注視して読んでみると、新しい発見が出来るのではないでしょうか。
それも、本の楽しみ方の一つだと思います。
この本を借りる