今日の一書
TOP > 2017年 今日の一書 > ネガティブ・ケイパビリティ : 答えの出...

今日の一書 : 2017年8月17日(木)

『 ネガティブ・ケイパビリティ : 答えの出ない事態に耐える力 』

著者 : 帚木蓬生

多くの受賞歴をもつ小説家であり、臨床40年の精神科医が悩める現代人に最も必要と考えるのは「共感する」ことだ。 この共感が成熟する過程で伴走し、容易に答えの出ない事態に耐えうる能力がネガティブ・ケイパビリティである。

「負の力」が身につけば、人生は生きやすくなる。セラピー犬の「心くん」の分かる仕組みからマニュアルに慣れた脳の限界、現代教育で重視されるポジティブ・ケイパビリティの偏り、希望する脳とプラセボ効果との関係…教育・医療・介護の現場でも注目され、臨床40年の精神科医である著者自身も救われている「負の力」を多角的に分析した、心揺さぶられる地平。
内容(「BOOK」データベースより)
この本を借りる