今日の一書
TOP > 2017年 今日の一書 > 電子と原子核の発見 : 20世紀物理学を...

今日の一書 : 2017年9月4日(月)

『 電子と原子核の発見 : 20世紀物理学を築いた人々 』

著者 : スティーブン・ワインバーグ ; 本間三郎訳

100年ほど前まで、人類は電子も原子核も陽子も中性子も知らなかった。これら究極の物質はすべて、優れた科学者たちの深い洞察と巧みな実験によってその存在が突き止められた。トムソンによる電子の発見、ミリカンによる電子の電荷の測定、ラザフォードによる原子核の発見、チャドウィックによる中性子の発見……。
彼らはどのように推論し、どのような実験で未知の粒子を追いつめていったのか。壮大なドラマが、物理的な厳密さを貫きながら具体的に語られ、力学や電磁気学、熱学も必要に応じわかりやすく解説される。ノーベル賞学者による20世紀物理学への格好の入門書。
(本書内容紹介より)
この本を借りる