今日の一書
TOP > 2017年 今日の一書 > 忘れられた巨人

今日の一書 : 2017年9月5日(火)

『 忘れられた巨人 』

著者 : カズオ・イシグロ

ファンタジーでありながら、実直なリアリズム小説を超える文学的な高み—。
ブッカー賞作家、カズオ・イシグロの、「わたしを離さないで」以来10年ぶりの長編である。
息子に会うため旅に出た老夫婦は、アーサー王伝説と地続きの場所で多くの試練と出会いながら旅をつづける。舞台設定の底に現代社会の暗示をにじませながらも、老夫婦の愛を描く普遍的な物語となっている。
この本を借りる