今日の一書
TOP > 2018年 今日の一書 > レ・ミゼラブル

今日の一書 : 2018年2月26日(月)

『 レ・ミゼラブル 』

著者 : ヴィクトール・ユゴー ; 西永良成訳

フランスの詩人であり作家のヴィクトール・ユゴーは、1802年2月26日に生まれた。 1862年に刊行された『レ・ミゼラブル』は、150年を経た現在も幅広い人々に読み継がれている。
~内容紹介(本書裏表紙より)~
寒さと飢えに苦しむ幼い子のためにパンをひとつ盗んで、19年を監獄で過ごすことになったジャン・ヴァルジャンを主人公にくり広げられる叙事詩的な小説。この巻は、第1部〈ファンチーヌ〉を収録。ミリエル司教と銀の燭台のエピソード、マドレーヌ市長となったジャンを怪しむ冷酷なジャヴェール警部、哀れな母親ファンチーヌと残された幼い娘など、劇的スリルあふれる場面が描き出されてゆく。
この本を借りる