今日の一書
TOP > 2018年 今日の一書 > 小林秀雄と中原中也

今日の一書 : 2018年4月11日(水)

『 小林秀雄と中原中也 』

著者 : 秋山駿

現実よりも自身の裸の心を守り抜こうとした詩人と、その世界に深く共感するがゆえに背反せざるをえない知性で武装された批評家—。「自分が人間であることのすべてを負っている」と言うほど絶対的な影響を受けた中原中也の特異な生の在り様を「内部の人間」と名付け、小林秀雄の戦後の歩みに「ヴァニティ」(中原中也)を超えた人間探究の軌跡を見出す、秋山駿の出発点。
「BOOK」データベースより
この本を借りる