今日の一書
TOP > 2018年 今日の一書 > 雨かんむり漢字読本

今日の一書 : 2018年6月5日(火)

『 雨かんむり漢字読本 』

著者 : 円満字二郎

雨かんむりの漢字には、物語がたくさん詰まっている。

「霽」(さい、はれる=晴れる)は雨かんむりの漢字だが、晴れるという意味を持つ。雨なのになぜ晴れの意味を持つのか。漢字の起源は呪術から始まっていると言われる。呪術師の重要な役目は「雨乞い」なので、いつ雨が降り出すのか、いつ止んでしまうのかに関心があった。「晴れ」という概念は無きにひとしく、「雨が止んだ時」という意味で「霽」が使われたのだ。
雨の漢字をひもとくことで漢字の起源や中国の歴史や文学にも触れることができる、無類に面白い漢字エッセイ。
この本を借りる