今日の一書
TOP > 2018年 今日の一書 > 気が遠くなる未来の宇宙のはなし

今日の一書 : 2018年7月17日(火)

『 気が遠くなる未来の宇宙のはなし 』

著者 : 佐藤勝彦

7月17日はジョルジュ・ルメートルの誕生日です。聖職者であり、天文学者でもある彼は、宇宙創生の理論である「ビッグバン理論」の提唱者とされています。

本書では、タイトル通り、気の遠くなるような未来の宇宙を予想。
「1500年後:地球が氷期に入る?」
「2億年後:地球に超大陸が出現する?」 
「100兆年後:すべての恒星が燃え尽きる?」 …等
寝苦しい真夏の夜、宇宙の未来に思いを馳せてみませんか。
この本を借りる