今日の一書
TOP > 2018年 今日の一書 > 目からウロコの自然観察

今日の一書 : 2018年7月20日(金)

『 目からウロコの自然観察 』

著者 : 唐沢孝一

内容紹介
ヒバリはなぜさえずるのか? サルスベリ(百日紅)はその名の通り100日咲きつづけるのか? ヒガンバナは本当にお彼岸に咲くのか? モズはどんな動物をはやにえにするのか? 秋にあれほどいたスズメたちはどこに行ってしまうのか? 見慣れた動植物でもくわしく観察してみると、目からウロコの発見に満ちている。ツユクサやオシロイバナのような草花から昆虫、鳥、ヤモリやムササビまで四季折々の生き物たちを紹介
この本を借りる