今日の一書
TOP > 2018年 今日の一書 > 原爆の子 : 広島の少年少女のうったえ

今日の一書 : 2018年8月6日(月)

『 原爆の子 : 広島の少年少女のうったえ 』

著者 : 長田新編

今日8月6日は、73回目の原爆忌。

本書は原爆投下当時の広島の少年少女達の
手記をまとめた1冊。

「いたいけな少年・少女が、出来ることなら忘れてしまいたいと思いながらも、どうしても忘れることの出来ない父母の死を思い浮かべながら、悲しみに打ちひしがれて重い筆を動かし、たどたどしい筆つきで書いているこれらの手記は、いずれも彼等の地と涙との結晶であり、彼等の最愛の肉親を奪った戦争に対するはげしい憤怒であり、肺肝を吐露した彼等の悲痛な平和への祈りであり、訴えである。」
—本書序文p.7より—
この本を借りる