今日の一書
TOP > 2018年 今日の一書 > 異常気象と地球温暖化

今日の一書 : 2018年9月18日(火)

『 異常気象と地球温暖化 』

著者 : 鬼頭昭雄

熱波や大雪、「経験したことがない大雨」など人々の意表をつく異常気象は、実は自然な変動の現れである。しかし将来、温暖化の進行とともに極端な気象の頻度が増し、今日の「異常」が普通になる世界がやってくる。
 IPCC報告書の執筆者が、異常気象と温暖化の関係を解きほぐし、変動する気候の過去・現在・未来を語る。
この本を借りる