今日の一書

今日の一書 : 2018年10月11日(木)

『 白痴 』

著者 : ドストエフスキー

人々は彼を、愛情をこめて「白痴」と呼ぶ…。

この最高の「恋愛小説」はペテルブルグへ向かう鉄道列車の中から始まる。スイスからロシアに帰る途中のムイシキン公爵と父親の莫大な遺産を相続したばかりのロゴージン。2人の青年が出会った絶世の美女、ナスターシャをめぐる熱き友情と闘い。
「BOOK」データベースより
この本を借りる