教職員の方


このページでは、本学の教職員が中央図書館、理工学部フレイザー図書館、看護学部白樺図書館、法科大学院図書室(法科大学院関係者のみ)を利用する上で、基本となるサービス内容をご案内します。
入館、貸出の際は、専任教職員は教職員証、非常勤講師(学部・短大所属)は施設設備利用カードが必要です。その他の教職員は図書館利用証をお持ちください。
利用方法等の詳細については、それぞれのページをご覧ください。

利用対象者

専任教職員
非常勤講師
パート職員
退職教職員

利用できるサービス

館内閲覧(書庫内資料含む)、館外貸出、PC利用、コピー機、レファレンス、視聴覚機器、My Library、各種データベース※1、中央図書館のグループ閲覧室・個人閲覧室、書庫への入庫、他大学からの文献取寄せサービス※1、マイクロ資料、図書購入希望※1短大図書館の図書の利用※2

※1 パート職員および退職教職員は利用できません。 
※2 短大図書館の利用は、短大・香峯図書館資料の利用方法のページをご参照ください。

館外貸出について

利用者 上限冊数 貸出期間
図書 視聴覚 雑誌
教職員
パート職員それに準じる利用者
30冊 4週間 1週間 1週間※1
退職教職員 30冊 4週間 1週間 貸出不可

・ 上限冊数は、中央図書館、理工学部フレイザー図書館、法科大学院図書室、短大香峯図書館、看護学部白樺図書館のすべての資料(図書・視聴覚資料・雑誌)の合計冊数を意味します。
・ 短大図書を借りた場合の貸出期間は、全ての利用者が2週間となります。
・ 視聴覚資料は、CDのみ3点まで貸出できます。
 
※1 最新号は館内閲覧のみの利用となります。
     統計、法律資料も雑誌と同様、1週間借りることができます。
 
返却は郵送でも受付けています。
貸出等の詳細については、 貸出・宅配・継続・予約・返却 をご参照ください。

利用証の作成

非常勤講師(通信教育部)、パート職員等の方は、中央図書館カウンターにて利用申請書をご記入ください。
申請当日から利用することができます。
利用証は3日後にお渡し可能となります。
次回ご来館時にカウンターにてお受取りください。

なお、利用証の有効期限は当該年度内となります。
翌年度もご利用の場合は、カウンターにて更新手続きを行なってください。