図書館を使う
TOP > 図書館を使う > 利用案内 > 視聴覚資料の利用

視聴覚資料の利用

図書館の資料を館内で利用する場合の方法ついて

ビデオ・DVD

1階閲覧室に配架しているDVDは、4階閲覧室のブースで視聴することができます。

(ビデオは書庫にありますので、利用の際は出庫依頼をしてください)

ブースを利用する場合は、学生証とDVDを持って1階書庫利用カウンターにお申し出ください。
(一人用のブース12台と2~3人用のブースが2台あります)

理工学部図書館・看護学部図書館は、貸出カウンターにお申し出ください。

 

※ 著作権保護等のため館外貸出はできないことをご了承ください。

 

CD

・貸出
  貸出を希望される場合は、CDを1階カウンターにお持ちください。
  3点まで1週間借りることができます。また予約もできます。
 
・館内で聴く
  1階閲覧室に配架されているCDは、4階CDリスニングコーナーにて聴くことができます。
  利用する場合は、学生証とCDを持って1階書庫利用カウンターにお申し出ください。
   理工学部図書館は、貸出カウンターにお申し出ください。
 
※なお、2008年度より、NAXOS Music Library(音楽配信サービス)を導入しました。
  学内ネットワークからアクセスすることができます。
  (http://soka.ml.naxos.jp/

※2階ブラウジングルームに音楽CDの試聴機を3台(9アルバム)設置しており、自由に
  視聴することができます。
 

マイクロ資料

明治期刊行図書、静嘉堂文庫、フランス革命資料、教育関係雑誌(バックナンバー)等のマイクロ形態資料が、ロール形態、フィッシュ形態別にA書庫3層、A書庫5層に配架しています。

利用する場合は、1階書庫利用カウンターにお申し出ください。

スタッフが該当の資料をキャビネットから取り出します。

資料の閲覧・複写は、A書庫3層に設置しているマイクロリーダー複写機をご利用ください。

 

・マイクロリーダー複写機の利用について

  利用対象:創価大学・女子短大所属の教職員、学生、退職教職員

  利用できる資料:原則として当館所蔵マイクロ資料としますが、個人で所有する資料も
  利用は可とします。

 

利用が終了したら、終了した旨を書庫利用カウンターに申し出てください。

複写した場合は、複写枚数と料金の公費・私費の別を申告してください。

公費の場合は、「複写機使用票」に必要事項を記入し提出してください。図書館で研究費からの支払い手続きを行います。

複写料金が私費の場合は、1枚につき10円をお支払いください。