図書館を使う
TOP > 図書館を使う > 利用案内 > 資料の弁償

資料の弁償

図書館の資料を紛失・破損した場合は、現金または現物で弁償して頂くことになります。

 

弁償方法

・受付時間:図書館の開館中

 

・受付場所:原則、中央図書館1階カウンターで受付けます。

 

・現金弁償:取得価格が2000円未満の資料は一律2000円、それ以上の価格の場合は、
  1000円未満を切り上げた金額を徴収いたします。

 (例)4500円の図書の場合、弁償金額は5000円となります。

 

・現物弁償:当該図書と同様のものを1カウンターにお持ちください。

 

※弁償対象図書の書誌情報をお渡ししますので、購入する際にお使いください。

※創学サービスに注文した場合は、以下の対応が可能です。

  創学サービスに注文した際の写しをサービスカウンターにお持ちいただければ、返却期限
  日を延長し、罰則がつかないよう手続きをとらせていただきます。

  ただし、他の利用者から予約が入っている図書については、返却期限日を変更することが
  できません。