図書館を使う

創価学園関係者

学校法人創価学園に所属する教職員・中学生・高校生は、図書館利用証を作成することで、中央図書館、理工学部フレイザー図書館を利用することができます。

 

利用対象者

創価学園 教職員、生徒(中学、高校)

 

利用できるサービス

館内閲覧(書庫内資料含む)、館外貸出、OPAC検索専用PC、コピー、所蔵資料を利用するためのレファレンス、視聴覚機器、My Libraryの利用。

※パソコン(OPAC専用機以外)、各種データベース、中央図書館のグループ閲覧室・個人閲覧室、他大学からの文献取寄せサービス、マイクロ資料、図書の宅配申請・購入希望は利用できません。

※書庫への入庫は、事前に申し込みがあった場合、図書館で判断します。
 

館外貸出について

貸出冊数10冊

貸出期間4週間

返却は郵送でも受付けています。

 

館外貸出ができる資料などの詳細については、貸出・宅配・継続・予約・返却をご参照ください。

 

手続方法(利用証の作成)

・利用証の発行に必要なもの

  住所を確認できるもの(運転免許証、健康保険証等)

  教職員証または生徒手帳


・受付場所

  中央図書館1階カウンター (開館時のみ)

 

利用証の更新

図書館利用証の有効期限は年度内です。
更新の際には、
①現住所を確認できるもの(運転免許証、健康保険証等)
②教職員証または生徒手帳をお持ちください。写真は不要です。