図書館を使う
TOP > 図書館を使う > 利用案内 > 書庫内資料の利用方法(中央図書館のみ)

書庫内資料の利用方法(中央図書館のみ)

中央図書館の書庫(A書庫8層、B書庫4層)および保存書庫に配架している資料を閉架資料といいます。

 

入庫について

教職員、大学院生及び入庫許可者(シュリーマン賞及びダ・ヴィンチ賞受賞者と書庫利用講習会で許可された学生など)は、書庫に入庫して閲覧することができます。

入庫の際は、書庫利用カウンターで受付をしてください。

「入庫証」をお渡ししますので、身に付けてお入りください。

手荷物は、ロッカーに入れていただきます。

 

※入庫資格がない方は、カウンタースタッフにご相談ください。一日入庫を認める場合があります。

※保存書庫への入庫はできません。

 

資料の出庫について

・入庫者は、利用希望の資料を書庫から取り出し、書庫利用カウンターへお持ちいただき、館内閲覧または館外貸出の希望をお申し出ください。

  一度に持ち出せる資料は5冊までです。

 

・入庫資格のない方は、蔵書検索システムから希望資料の出庫申請を行い、その日のうちに書庫利用カウンターにお越しください。

 

[出庫申請方法]

  蔵書検索システムで検索し、「出庫依頼」をクリックします。

・雑誌の出庫方法

  蔵書検索システムで検索し、「巻号一覧」をクリックし一覧を表示させます。希望の巻号の詳細ページを開き、表示される「出庫依頼」ボタンから申請します。

 
 

閉架図書の館外貸出について

図書は、参考書、禁帯出資料を除き、館外貸出ができます。

 ※雑誌・法律資料・統計資料は、教職員、大学院生のみ貸出可能です。

 

入庫の際の注意事項

・あらかじめ資料を検索して入庫してください。書庫内で資料を検索する場合は、A書庫3・4・6層に検索専用パソコンを設置していますので、ご利用ください。

・閲覧した資料は元の場所に戻すか、A書庫1層にある返却用ブックトラックに置いてください。

・書庫内にはお手洗いがありません。